人脈づくり ビジネススキル

異業種交流における自己紹介とは!?

更新日:

 

異業種交流における自己紹介とは!?

異業種交流において自己紹介とは、必ず行うビジネスマンとしての最初の挨拶です。筆者も年間1000枚以上名刺交換を行うにあたって、「自己紹介」がとても大切な事に気付かされました。

目的もなく交流会に参加して、ただただひたすら名刺交換を行う、いわば「名刺コレクター」になっているあなた!一度、自分の自己紹介の仕方を見直してみてはいかがでしょうか?

第1印象は見た目が大事、とはよく言ったものですが、ビジネスにおいて初めのインパクトをしっかりと相手に与える事で、興味を持ってもらいやすくなります。そんな目からウロコの筆者独自のテクニックを披露します!

1.自分の経歴を見つめ直す

今までの自分の様々な経験・経歴を整理し、使えそうな要素を洗い出してみましょう。そこからアピールポイントを決めて自己紹介を行えば、相手に与える印象が変わってきます。

2.何度も異業種交流会に参加してみる

何度も交流会に参加する事で、自己紹介を行う機会が増え、経験と勘が養われます。相手によってトークを変えてみるのもいいでしょう。量からしか質は生まれません。何度も何度もチャレンジして、試行錯誤してみてはいかがでしょうか?

3.試しにお酒を奢ってみる

異業種交流会では、堅っ苦しい挨拶しかしない人は、「ユーモアにかける人だ」とマイナスな印象を受ける方も少なくありません。そんな時は、畏まった挨拶抜きにお酒を振舞ってみましょう!以外とすんなり自分の要望を聞いてくれる人は多いです。(筆者の経験談ですが…)

まとめ

つまり、自己紹介とはいかに相手にいいインパクトを残せるかが大事です!どんなにすごいビジネスマンと知り合っても、名刺交換だけで交流が終わってしまっては、せっかくのチャンスも台無し…。今日から自分に一つ一つ磨きをかけていきましょう!!

 

 

Copyright© MEETUP BAR®︎ | 参加費無料の異業種交流会(東京・渋谷・赤坂) , 2019 All Rights Reserved.