人脈づくり ビジネススキル

異業種交流会に初めて行く人はこれを読め!異業種交流会を100パーセント有効活用するために絶対に必要な考え方

更新日:

これから異業種交流会に行こうとしているあなたに質問です。

異業種交流会に参加=売り上げUP

ただ漠然とそんなことを考えて異業種交流会に参加しようとしていませんか?

これではなんの意味もありません。
意外と思うかもしれませんが、異業種交流会は営業の場ではないのです。

では異業種交流会で何をすればいいのか??

今回は初めて参加する人(漫然と名刺交換してる人も)に向けて、
異業種交流会を有効活用する方法について書いてみました。

 

異業種交流会の選び方

異業種交流会といっても、その数は膨大です。
特に首都圏ではざっと検索をするだけでも20〜30件以上の交流会が開かれています。
(参考サイト:こくちーず

ではその中でどの交流会に参加するのが正解なのか?

・・・実はどの交流会に参加するのも 正解 なのです。
というよりそもそも正解も不正解もないのが正しい答えかもしれませんが・・。

 

交流会は二極化している!

ネットで調べると顕著なのですが、交流会は完全に二極化しています。
どのように二極化しているかというと、

【参加費が高額の経営者が多い交流会】
【参加費が安価な営業マンが多い交流会】

といった具合です。
高額というのは5000円以上、安価なものが2000〜3000円程度だとお考えください。

このどちらに参加するか?
それは完全にフィーリング、直感でいいと思います。

誰かに言われて選んだ先の結果が良くないものだと、
自分なりの選択をしたという経験が削がれてしまうので、自分で選ぶというのが大事です。

大事なのはどの異業種交流会に参加するか?よりも、
参加した自分自身がどう振るうか?ということです。

 

異業種交流会で何をすればいいのか?

あなたは ”友達を6人たどれば大統領に手紙が届く” という話を知っていますか?

俗にいう、六次の隔たりという説です。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

六次の隔たり(ろくじのへだたり、Six Degrees of Separation)とは、全ての人や物事は6ステップ以内で繋がっていて、友達の友達…を介して世界中の人々と間接的な知り合いになることができる、という仮説。

この説に寄れば、
あなたが会いたい見込客は、交流会で名刺交換をした相手の先に100%存在するのです。

紹介をもらう方法

まずは自分がどんな人間なのか自己紹介をすること。

そして相手の為になることをすること。

何が相手のためになるか?
ここまできたら察しの言い方は気づいてるかもしれません。

紹介をもらうための一番の方法は、紹介をだすことです。

 

異業種交流会の裏技

ここまで読んだ方で、とはいうものの、

・うまく紹介をだすことができない・・
・そもそも人脈がないから交流会にきてるのに何をいってるんだ?

と思っている人もいらっしゃるかと思います。

そういう時は、
交流会で知り合った方の誘いに乗ってみましょう!

その場で紹介をもらわなくても人脈が勝手に増えつづける裏技を教えます!

思い切って誘われてみよう!

異業種交流会の参加者の中には

・すでに人脈のある方
・自分の交流会に呼びたい方

がいて、こういった方達は自分のコミュニティを持っています。
(世界最大級の紹介制異業種交流会BNIなどが良い例です。会員は新しい会員を紹介するのが義務付けられているので割と誘ってくれます。笑)

その中には初めましての異業種交流会には行かないけれど、
紹介してくれた人を信頼して参加している方がいます。

この人たちは、
すでに信頼している方の紹介できているあなたに対して警戒心が少なく、
あなたの商材が魅力的なものであれば購入してくれる可能性や、
さらにその先の人脈を紹介してくれる可能性があります。

一度紹介のスパイラルに入ってしまえば自然に紹介が出続けるので、
新規開拓のために異業種交流会に出なくても良くなります。笑

誰からも勧誘してもらえない人もいる。

色々な交流会で、たくさんの人と名刺交換してる、
なのになんの営業も勧誘もされない人がいます。

それは ”魅力がない人” です。

話していて感じが悪い。
人に紹介しづらい。
自分の話ばかりされる。

そう思われてしまうと、人が離れていってしまいます。
異業種交流会を一番うまく活用している人は  ”誘われている人” です。

実は営業をたくさんしている人よりも、
営業をされている人の方が異業種交流会を有効活用しているのです。

 

まずはMEETUP BARに参加してみよう!

MEETUP BAR一回の開催で平均34名の方が参加しています。
https://meetupbar.jp/faq/#Q-2

つまり3回参加すると、約100人と知り合うことができます。
100人も知り合えば、さすがに5人くらいは気の合う人、波長の合う人がいるものです。

その5人を大事にする。
その5人を大切にすることでその先にある異業種交流会に参加した本当の価値を得ることができるのです。

”異業種交流会は1日にしてならず”ということですね・・・

Copyright© MEETUP BAR®︎ | 参加費無料の異業種交流会(東京・渋谷・赤坂) , 2019 All Rights Reserved.